夏の素敵な贈り物 ♪

Posted by ♪ おりん ♪ on 27.2015 でじぞう゛ 7 comments 0 trackback
暑~い夏の日、

ヒョイと届いたプレゼント ♪

IMGP0521.jpg

ブログのお友達、Aurora rainbow さんからだぁ (o^▽^o)

楽しいクイズ企画に正解したご褒美~♪





わぁい ♪ 涼しそう~ \(^0^)/

IMGP0529.jpg






貝殻のブローチ

娘たちにと、二つ贈ってくれました (〃^^〃)

IMGP0536.jpg






天使の羽のネックレス

ブルーの雫の色がとっても綺麗。。。

IMGP0539.jpg

山女は卒業して海女になろうかしら

夏が来るたび嬉しくなっちゃうネックレス ♪






あっ! もう見つかっちゃった。。。

IMGP0546.jpg






はいはい、カッコイイよ

でじぞう゛くん f(^^;)

IMGP0552.jpg






あと、素敵な絵はがきも入ってた!

Aurora rainbow さんが描いた絵なんだって~♪

IMGP0566.jpg


アクセサリー作りや、編み物、刺繍、

絵画、いろんなジャンルで素敵な作品を

次々と作られる Aurora rainbow さん ♪



そのバイタリティと創作意欲に脱帽~



のんたらのんたら課題さえもままならない

♪ おりん ♪ にはいい刺激になりました




夏の素敵な贈り物



人との出会いが嬉しいね




優しい気持ちをありがとう ♪




ブログ 手づくり工房 Aurora rainbow
みてね~♪






IMG_1143_convert_20150213073434.png  『 でじぞう゛LINEスタンプ 』
  文字をクリックしてね ↑ ↑

♪ おりん ♪ の描いたキャラクターでじぞう゛が
LINEスタンプになりました ♪ 見てね~(^一^)ノ ))






  ランキングに参加しています(^^)♪
でじぞう゛をポチッとお願いします m( _ _ )m

にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

ミラーワーク de 愛着巾着 ♪ 

Posted by ♪ おりん ♪ on 22.2015 手芸 10 comments 0 trackback
さぁ、今日は手芸のお話 ♪



IMGP0185.jpg






前に課題のミラーワーク、刺繡部分だけ

完成しました~ってブログにアップ

ミラー






その後苦手な縫製作業

IMG_1987.jpg






この側面の

ボタンホール インサーション・ステッチ

ってのが意外と難しかったかな

IMG_1979.jpg

糸の引き加減を均一にするのに

ちょっと苦労しました






あとは紐通しも

ボタンホールステッチで作ったりして

IMGP0196.jpg






ようやく完成~ ♪

無事に提出できました (o^エ^o)

IMGP0158.jpg

このオリエンタルな色使いと

インドっぽい雰囲気が苦手と前に

書いたけれど、完成してみれば

なんとなく愛着が湧くから不思議 (^一^)



そんなに嫌うこともないか



縫製は苦手だけど、

やっぱり刺繡だけの状態よりも

巾着に姿を変えることで

作品として命が加わった気がする



♪ おりん ♪ にもっと縫製の力があれば

タンスの肥やしになっている刺繍たちも

もう少し輝けるのにな ( ・3 ・)





IMG_1143_convert_20150213073434.png  『 でじぞう゛LINEスタンプ 』
  文字をクリックしてね ↑ ↑

♪ おりん ♪ の描いたキャラクターでじぞう゛が
LINEスタンプになりました ♪ 見てね~(^一^)ノ ))





  ランキングに参加しています(^^)♪
でじぞう゛をポチッとお願いします m( _ _ )m

にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

初めて泣いた山 【 その12 】 ファイナル

Posted by ♪ おりん ♪ on 16.2015 登山 14 comments 0 trackback
→  つづき


友人がポケットからパラパラと出した

救助ロープに、目が点 ( ・ ∀ ・; )



こーゆーの想像してたんだけど。。。

ロープ




そしてなぜコマ切れ。。。 ( ̄∀ ̄;)?

救助
※ 再現写真


そんな ♪ おりん ♪ の様子に

気付いた友人が一言



「 これしか無かったんだよ ( ̄エ ̄) 」



う、うん。。。




「 いいから、早く結んでっ!」



友人にうながされて、20cm程しかない

ヒモとヒモをせっせと結んでつなぎ合わせる



結びながら、



救助ロープ持参してないのは分かるんだけど、

山小屋から借りてくるとかさ

出来なかったのかなぁ~ f( ̄_ ̄;)



と思ったけど、

危険をかえりみず助けに来てくれた友人に

そんなことは言えましぇン。。。




結び目だらけのエセ救助ヒモが出来上がり

長さ3,4メートル程のそれを

♪ おりん♪ の身体に結んで

ヒモの端を友人が持ってくれた




そんなエセ救助ヒモは

予想を反して大活躍


足を滑らせて転びそうになった時は、

友人がヒモを引いてくれ助かったし

何よりも安心感があった




そうして二人で残り三つの雪渓を渡りきり

とうとう蓬ヒュッテまでたどり着いた




どんな素敵な山小屋かと思ったら




これだった。。。

IMG_2078.jpg

一瞬火事で焼けたのかと思ったけど

改装工事中なんだって


これじゃ、救助ロープも借りてこれない

訳だわ(>w<)




建物の近くに友人のテントがあり

すっかり冷え切った身体で中に入る



もう一人の友人がお湯を沸かして

待っていてくれ、熱々のカップラーメンを

出してくれた



一口食べたら止まらなくなって

むさぼる様にかき込んで

スープまで飲み干した



芯まで冷えていた身体に

あたたかいものが流れて

ようやく生きた心地がした



天候が悪化する前に下山しようと

楽しみにしていたカレーはお預けにして

早々にオレンジ色のルートで下山

IMG_2051.jpg


下山ルートには雪渓が一つも無くて

同じ山でもこうも違うのかと驚いた





そうして無事生きて戻ることが出来ました






こんなことがあって、山はもう懲り懲りと

思ったかというとそうではなく。。。



こういうことを言うと不謹慎と怒り出す人も

いるかもしれないけど





だから山って楽しいなっ(^∀^)♪





と思ったのが素直な気持ちです




点検に点検を重ね、安全に守られている

街の生活も大切でいいと思うけれど、

朽ちた橋が平気で存在する山のあり方は

♪ おりん ♪ にとってはなんとも自然で

心地いいのです




見栄を張って生きたり

優しい人間のフリをしたり

体裁ばかり気にしたり


そんなことが、山では通用しなくなる





本当の生きる力を試されるのが

山だから





だから ♪おりん♪ は山が好きなのです




長いお話に付き合って下さったみなさん

本当にありがとう



ケガを心配してくれた方、ありがとう

ヒビくらいだと病院に行かない人なので

しばらく痛みましたが骨折はしてないと

判断し、自力で治しました f(^^)



怒って下さった方々、ありがとう

反省すべき点が山ほどあること

分かっています f(^_^)

次への教訓にしたいと思います

その愛情に感謝 (^人^)



最後に、助けに来てくれた友だち

あたたかいカップ麺を用意して

待っててくれた友だち

二人の友人に。。。



感 謝  !!!






♪   おしまい   ♪








IMG_1143_convert_20150213073434.png  『 でじぞう゛LINEスタンプ 』
  文字をクリックしてね ↑ ↑ ↑

♪ おりん ♪ の描いたキャラクターでじぞう゛が
LINEスタンプになりました ♪ 見てね~(^一^)ノ ))




  ランキングに参加しています(^^)♪
でじぞう゛をポチッとお願いします m( _ _ )m

にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

初めて泣いた山 【 その11 】 救助ロープ

Posted by ♪ おりん ♪ on 13.2015 登山 6 comments 0 trackback
→   つづき



第三の雪渓を無事に渡り終え

ホッとしたのかまた涙が出てきた




精神的にはとうに限界

泣きたきゃ泣きゃいいさと

人目も無いのでわんわんと泣きながら

登山道を登って行った




身体を動かしたことで、体温は少し上がり

低体温の心配は回避された




と、遥か前方から人影!!!




涙をぬぐって眼をこらす





友人だぁぁぁぁぁ

\(^▽^)/




泣いてる場合じゃない



みっともない



♪ おりん ♪ は一歩進むごとに

垂れ下がった眉を

キリッ!


半開きの口を

キュッ!


腫れぼったくなった眼は

パチパチパチの百回瞬きで

キリリリリッ!!


と大急ぎで顔を作り変えていった




顔がようやく整った頃、

友人がこちらに気付き

スッと近寄ってきた




感動の再会~~~!!




と思いきや。。。




「 こんにちは。すみません、

ちょっとうかがいたいのですが。。。」



なんとも他人行儀に話しかけられた



顔を作り変え過ぎたか!?



と思ったら、友人がようやく

♪ おりん ♪ だと気付き、爆笑



友人は♪ おりん ♪ が雪渓で待っていると

ばかり思っていたので、登山道を歩いてくる

人に、この先に女の人がいませんでしたかと

尋ねたかったらしい



なんともトンチンカンな再会に二人で爆笑した



全員での遭難を防ぐ為、助けに来てくれた友人は

一人で、もう一人はテントに待機していた




友人が ♪ おりん ♪ のところに来るまでに

雪渓が3つあったらしい



この先、まだあと3つも雪渓を越えなければ

蓬ヒュッテにたどり着けないのかと思うと

グッタリだったが、救助用ロープがあれば

身体をつないでもらえるので安心だ



そうして第四の雪渓に突き当たった時、

友人に聞いた

「 救助ロープある? 」



友人は

「 あるある~ 」



と言って、ポケットから


パラパラパラ~っと


救助ロープを地面にまいた




ん゛!?( ̄∀ ̄;)




地面にはこんなものが。。。



細切れの梱包用テープ。。。
(実際は巻きの部分はありませんでした)
救助
※ 再現写真



えっ?えっ?



ふざけてんの?




→  つづく   次回ファイナルだぁぁぁ(>w<)




IMG_1143_convert_20150213073434.png  『 でじぞう゛LINEスタンプ 』
  文字をクリックしてね ↑ ↑

♪ おりん ♪ の描いたキャラクターでじぞう゛が
LINEスタンプになりました ♪ 見てね~(^一^)ノ ))






  ランキングに参加しています(^^)♪
でじぞう゛をポチッとお願いします m( _ _ )m

にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村


初めて泣いた山 【 その10 】 第三の雪渓

Posted by ♪ おりん ♪ on 10.2015 登山 6 comments 0 trackback
→ つづき



何分くらい待っただろう

寒さが限界

このまま動かずここにいたら

低体温症になり動けなくなってしまう




♪ おりん ♪ は第三の雪渓を渡ることにした





第三の雪渓は中規模雪渓



幸いつかまる草木が端から端まで

茂っていたので、それにしがみついて

ゆっくりと渡って行った



この自分の行動は、間違っているんだろうな

と思った



救助を呼んでから動き回るのは

多分間違い



遭難の本を沢山読んだけれど

じっとそこで待っていればいいのに

動き回って亡くなってしまった人が

なんと多いことか



でも逆に、最後まで自力であがいて

生還した人もいる



何が幸いするかなんて、正直誰にも

分からないのだ



必死に枝と草木にしがみつくサバイバル



この手を決して放すものかと思いながら

雪渓を渡る




みんなこうだったのかな。。。




山で亡くなった人は、みんなこうやって

最後の最後まであがいて

そうして亡くなっていったのかな。。。




自分が生きる方向に向かって進んでいるのか

死の方向に向かって進んでいるのか

ちっとも分らなかった




何が正解なんて分からない




自分の行動を信じるしかなかった




→ つづく




IMG_1143_convert_20150213073434.png  『 でじぞう゛LINEスタンプ 』
  文字をクリックしてね ↑ ↑

♪ おりん ♪ の描いたキャラクターでじぞう゛が
LINEスタンプになりました ♪ 見てね~(^一^)ノ ))





  ランキングに参加しています(^^)♪
でじぞう゛をポチッとお願いします m( _ _ )m

にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

初めて泣いた山 【 その9 】 第三の雪渓

Posted by ♪ おりん ♪ on 09.2015 登山 5 comments 0 trackback
→  つづき


電話で雪渓のことを伝えると

友人はすごくビックリしていた



昨日友人が歩いたルートは雪が全く無く

頂上までスムーズに歩けたからだ



友人がこちらに向かってくれると言うので

救助用のロープを持ってきて欲しいとお願いした



そうして最後にこう付け加えた



「 こちらに向かうまでにも雪渓が

いくつもあるかもしれない

危険だと思ったら、引き返して欲しい

絶対に無理はしないで 」



友人もアイゼンを持ってきていないので

無理をさせて同じ目に遭ってほしくなかった




電話を切って一息つく




孤独という不安は少し解消された




♪ おりん ♪ は

カレーを食べたかっただけなんだ



いつも山で食べる白いごはんは

コンビニのおにぎりや、アルファ米という

乾燥米をお湯で戻したものだから

あんまり美味しくない



今回は友人のひとりが、登山でも

お米が炊ける軽量鍋を買ったので

美味しいごはんを炊いて、みんなで

カレーを食べてみようって約束だった



いつも頂上を目指す登山ばかりで

最近ではハーネスとロープを使うような

気の抜けない岩山に行くことが多くて、

たまにはこういうお昼にカレーを

食べに行くだけの山もいいかな、なんて




息抜きのつもりで来たのになぁ。。。



コースも、迷いようがない一本道



遭難なんて縁の無いようなハイキングの

つもりだったのになぁ。。。




友人は、ここまで来られるだろうか




第三の雪渓の前で立ち止まり

ボーっとそんなことを考えていたら

急激に寒さが襲ってきた



山で雨に打たれたとき、一番心配なのは

低体温症


動いて山を登るか下っていればまだいいが

行動をやめた途端、体温が下がり始める



それでも周りの気温が高ければひどいことには

ならないが、気温の低い高山や雪山などは

かなり注意が必要だ



雨でも登山をする♪ おりん ♪ もさすがに

雪の残る山を雨の日に歩いたりはしない



でも思いがけず出現した雪渓のせいで

周囲の気温は思いのほか低く、朝から

雨に打たれ続けた ♪ おりん ♪ の身体からは

どんどん体温が奪われていった



雨をしのげる様な場所が無い



なすすべもなくその場で友人を

待ちづつけていると

雨でグッショリ濡れた革手袋の下で

指がかじかんで動かなくなってきた




ここでこうして、来られるかどうかも

分からない友人を待っていることが

正解なのかどうか。。。



その場で足踏みをしたり体を動かしては

いるものの、体温は下がる一方



身長150センチ、体重38キロ



チビで痩せっぽちの身体は

寒さにめっぽう弱い



低体温が進むと、動けなくなり

そのまま死に至る



これでいいの?



ここで待っているのでいいの?



正解を教えてくれるひとは

誰もいない




次第に強くなる雨の中

♪ おりん ♪ は正解を探していた




→  つづく




IMG_1143_convert_20150213073434.png  『 でじぞう゛LINEスタンプ 』
  文字をクリックしてね ↑ ↑ ↑

♪ おりん ♪ の描いたキャラクターでじぞう゛が
LINEスタンプになりました ♪ 見てね~(^一^)ノ ))




  ランキングに参加しています(^^)♪
でじぞう゛をポチッとお願いします m( _ _ )m

にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

初めて泣いた山 【 その8 】 第二の雪渓

Posted by ♪ おりん ♪ on 06.2015 登山 8 comments 0 trackback
→  つづき



うわぁぁぁぁぁぁん

う゛わ゛ぁぁぁぁぁぁん

(((TДT)))




空を仰いで号泣





あーあ、泣いちゃった

幼稚園児みたいねぇ


大丈夫だよ

落ち着いて


まだ生きてるんだから


まだ動けるんだから


ほら。。。落ち着いて





幼い子をあやすお母さんみたいな自分が

泣いている自分に話しかける


それでも涙が止まらなくて

しばらく大声で泣いていた




散々泣いたら、なんだか疲れて

自動的に泣き止んだ



少し、気持ちが落ち着いた




さて、どうしようかな




辺りをよく見回してみる


ふと、あることに気付いた



雪渓が切れ落ちている部分に

雪のかぶっていない小さな岩があった



雪渓の下を通る川の水が滝に落ちる時

水しぶきが岩に当たる為

その岩だけ露出しているのだ




雪の上は滑るけど、

岩の上なら歩けるかも。。。?



岩は滝のキワにある為

足を踏み外せばすぐ崖に転落



それでも ♪ おりん ♪ は

岩歩きには自信があった

(朝、岩で転倒したけどねっ)

普段の登山も好んで岩山に行くのだから




近くまで行って、危険ならやめよう




そう思って草木にしがみつきながら岩まで行った




あ、大丈夫そう。。。




右側が崖なのに、岩の上に足を置いても

恐怖心が湧いてこなかった


北アルプスの西穂高岳や北穂高岳での

岩稜歩きのおかげかな



思いがけずするりと、第二の雪渓を

渡ることが出来た ♪



ふぅ。。。



安堵して、再び登山道を歩き出す




出てくるな、雪渓


もう絶対出てくるな



念じながら歩くこと数分



雪渓に突き当たり、足を止めた


チーン ( ゜∀ ゜)






「もう。。。無理だよ。。。」





そんな言葉が口から漏れ

すがる様に携帯電話を手に取った



あっっっ! 電波立ってる!!!



しばしのコール音


お願い。。。出て!出てよう!!!





「・・・はいはい」




電話の向こうから、蓬ヒュッテの

友人の声が聞こえた





→   つづく





IMG_1143_convert_20150213073434.png  『 でじぞう゛LINEスタンプ 』
  文字をクリックしてね ↑ ↑

♪ おりん ♪ の描いたキャラクターでじぞう゛が
LINEスタンプになりました ♪ 見てね~(^一^)ノ ))






  ランキングに参加しています(^^)♪
でじぞう゛をポチッとお願いします m( _ _ )m

にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村


初めて泣いた山 【 その7 】 第二の雪渓

Posted by ♪ おりん ♪ on 05.2015 登山 8 comments 0 trackback
→  つづき



思いがけず雪渓を渡る結果になってしまい

不安に駆られて携帯電話を取り出す



蓬ヒュッテにいる友人たちと

連絡が取りたかった



が、電波が圏外



昨晩友人たちからメールで連絡はあったので

この山は部分的に電波が通じるはず


もう少し歩いたらまた連絡してみよう




大丈夫、怖いところは通り過ぎた

ここから先は、

普通の登山道だと信じて行こう



折れかけた心に活を入れて

♪ おりん ♪ はまた登山道を歩き始めた



ところが。。。

歩き出してわずか1分で

心がバキッっと折れてしまった。。。




また。。。雪渓だ。。。



歩いて横切れば5,6歩程の小さな雪渓

雪渓の下はやはり川になっている



小さいから怖くないように見えるけど。。。

雪渓は ♪ おりん ♪ の位置の3メートル程下で

スッパリと切れている



切れた先は崖



つまりは、小さな滝の上に出来た雪渓


斜度があるので足を滑らせば滑落し

3メートル以内に滑落停止出来なければ

崖下に放り出される



ある意味、さっき滑落した大雪渓よりも

数倍危険な雪渓だった



ボーゼン。。。

( ゜Д゜lll)



引き返したいけど、後ろは大雪渓

ついさっき滑落したその雪渓を

再び歩いて戻ることはすごく気が重かった



危険だけど。。。

所詮5,6歩で渡れてしまう雪渓

30秒くらいで渡れるはず


30秒だけ。。。気持ちを集中すればいい



♪ おりん ♪ は雪渓を渡り始めた



1歩、、、2歩、、、慎重に進む


3歩目、足が止まった



雪渓の中央部

今この一歩を滑らせれば、崖に放り出される




こ、こ、こ、、、怖い。。。




足がブルブルと震えてきた




死んじゃうよ

さっきみたいに滑ったら

死んじゃうんだよ


行かない方がいい

行ったらダメ




心の声が自分を止める


でも。。。あとたったの3歩なのに。。。




諦められない気持ちにフタをして

♪ おりん ♪は進んだ2歩を

引き返した




もう。。。疲れた。。。

雨が冷たいよ

ヒジがズキズキ痛いよ

前にも後ろにも進めない

携帯も通じない

誰も通りかからない

どうしたらいいの

どうしたら




唐突に。。。


うわーン!!!



と大きな声が出た




精神的な限界を迎えたらしく

子供の様に泣き出してしまった




→  つづく





IMG_1143_convert_20150213073434.png  『 でじぞう゛LINEスタンプ 』
  文字をクリックしてね ↑ ↑

♪ おりん ♪ の描いたキャラクターでじぞう゛が
LINEスタンプになりました ♪ 見てね~(^一^)ノ ))





  ランキングに参加しています(^^)♪
でじぞう゛をポチッとお願いします m( _ _ )m

にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村



初めて泣いた山 【 その6 】 恐怖の滑落

Posted by ♪ おりん ♪ on 03.2015 登山 8 comments 0 trackback
→ つづき  



落ち着いて

大丈夫

落ち着いて!



滑落しながら自分の心の声が聞こえてくる



滑落は初動が大事

落ち始めに滑落を止めないと、

どんどんスピードが増し制御不能になる



ピッケルは無いけれど、♪ おりん ♪ は

両手に登山用ポール(ストック)を持っていた



仰向けの姿勢で滑落していたので

ポールを短く持ち直す



そして身をひるがえして腹ばいになり、

ポールの先を雪面に突き刺した



ピッケルでやる滑落停止をポールでやってみた



ガガガガガッッッ!!!!



手にすごい衝撃が走り、腕が弾き飛ばされた



滑落は止まらない



もう一度試みる



滑落は止まらない



非力がゆえ、そのスピードに弾き飛ばされてしまう


狂った様に、何度も雪面にポールを突き刺した



ふとスピードが弱まるのを感じて

今だ!と全身の力を込めてポールを突き刺した


ガガガッ!!!



大きな音がピタリと止まった



シーンとした静寂




ふぅ。。。




止まった。。。




むっくり起き上がると、広い雪渓の中

ポツンとうずくまった自分にシトシトと

雨が降り注いでいた




立ち上がってみると

足がガクガクと震えていた




怖かった。。。




まともに歩けない




困ったな

このままじゃ、また滑落しちゃう




今自分がいる場所は、雪渓を下降中に

発見した「登山道の続き」から

15m程下に滑落した雪渓の端っこ



あと5歩くらい歩けば雪渓の端に生えた

草木に手が届きそうだった




何かをつかんでいないと、また滑落する




震える足でなんとか雪渓の端まで行き、

生い茂った草木にしがみついた




バリバリと折れる草木と格闘しながら

ジリジリと雪渓を登る



途中何度か足を滑らせたけれど

草木を握った手を離さなかったので

大丈夫だった




そうしてなんとか

「登山道の続き」まで登り、

雪の無い地面を踏んでようやくホッとした




ただ「もと来た登山道」を引き返すはずが、

雪渓を渡る結果になってしまったことに

一抹の不安を感じていた



もう引き返すこと出来ないじゃん。。。

( ゚д゚) 。。。





→ つづく




IMG_1143_convert_20150213073434.png  『 でじぞう゛LINEスタンプ 』
  文字をクリックしてね ↑ ↑ ↑

♪ おりん ♪ の描いたキャラクターでじぞう゛が
LINEスタンプになりました ♪ 見てね~(^一^)ノ ))




  ランキングに参加しています(^^)♪
でじぞう゛をポチッとお願いします m( _ _ )m

にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村


 HOME